“胡乱々々”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うろうろ80.0%
うろ/\20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“胡乱々々”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
何の真似やら、おなじような、あたまから羽織をひっかぶった若いしゅが、溝を伝うて、二人、三人、胡乱々々うろうろする。
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「強いて信じたくないとは願わんのです、紳士のために。なぜ、そんなら貴下は、その新聞包みを棄つるに際して、きょろきょろ四辺あたりみまわしたり、胡乱々々うろうろ往来ゆききをしたんじゃね。」
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
たか坊主ばうずひく坊主ばうずおほき坊主ばうずちひさな坊主ばうずと、胡乱々々うろ/\うごいて
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)