“篦鷺”の読み方と例文
読み方割合
へらさぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
又、此の屑屋ががつた男で、鉄砲笊いだまゝ、落ちた俯向いて、篦鷺のやうに、竹の其処等つきながら、胡乱々々する。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
篦鷺の何をか思ふ
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)