“篦深”の読み方と例文
読み方割合
のぶか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
矢比を測つてと放てば。竄点誤たず、が右の篦深くも突立ちしかば、さしもにき黄金丸も、何かはてたまるべき、撲地と倒れしが四足を悶掻いてでけり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)