“中本”の読み方と例文
読み方割合
ちゅうほん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ッぽい節廻しの身にみ入るようなのに聞惚れて、為永中本に出て来そうな中年増を想像しては能くをしていたが、或る時尋ねると
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
帰りがけに通油町の鶴屋という草紙問屋へ寄って、誰へのみやげか、新版の錦絵を買い求めながら、ふとを見ると、お屋敷風の小娘が一人、十冊ばかりの中本の草紙を買い求めて
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
為永中本にあるというような塩梅で、美男であり風雅である眉山の住居には持って来いであった。が、その頃から眉山は段々と陰気臭く詩人臭くなった。