“草紙問屋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そうしどんや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“草紙問屋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
両国橋の女軽業の小屋を出た御家人くずれの福村は、帰りがけに通油町とおりあぶらちょうの鶴屋という草紙問屋そうしどんやへ寄って、誰へのみやげか、新版の錦絵を買い求めながら、ふとかたえを見ると、お屋敷風の小娘が一人、十冊ばかりの中本ちゅうほんの草紙を買い求めて、それを小風呂敷に包んでいるところであります。
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)