“亡躯”の読み方と例文
読み方割合
なきがら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その亡躯は、赤いズボンをはいた兵士達に護られて墓へ運ばれ、白いネクタイをかけた人たちが、彼の棺に、哀惜の言葉と、心からの涙を注いだのである。
狂人日記 (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
最後にいまわたくしの心に残るのは、老耄して十二三年も以前に見失った小猫の幻を追ったり、偶然にしろ、その亡躯は嘗ての良人の住む岸の川へ漂って行ったという、そのことでした。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
私達は弟の亡躯は見ないのであった。
生い立ちの記 (新字新仮名) / 小山清(著)