“一躯”の読み方と例文
読み方割合
いっく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、眼を赤くしたまま、枕に坐っている秀吉の姿と、——今は一躯の冷たいなきがらとなっている友、半兵衛重治のすがたとを見て
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
東堂が質に入れたのは、銅仏一躯六方印一顆とであった。銅仏は印度で鋳造した薬師如来で、戴曼公の遺品である。六方印は六面に彫刻した遊印である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
タタライはおそらくタタラ師住地の義であろう。また上総夷隅郡東村大字山田の銕鋳坂では坂の上の草堂に銕像の大日一躯を安置し、銕鋳坂は始めて大日の像を鋳たる地と伝えている(房総志料)。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)