“じり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
79.2%
事理16.7%
4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ああ、それを二ぜん頼みます。女中はのもったてで、敷居へ半分だけ突き込んでいたを、ぬいと引っこ抜いて不精に出て行く。
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
〔譯〕公私は事に在り、又情に在り。事公にして情私なるもの之有り。事私にして情公なるもの之有り。政を爲す者は、宜しく人情事理輕重の處を權衡して、以て其のを民に用ふべし。
御機嫌よろしゅうと言葉力なく送られし時、跡ふりむきて今一言したかりしを邪見に唇囓切女々しからぬにかい、急がでもよき足わざと早めながら
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)