“しりッ”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
稼いでうといって又ぺたをつと、いから又ぴょこ/\飛出しては稼いで来る、えには金が疲れてう働らけねえから何うか置いておくんなさい、う何処へもきません
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
恐入ったねえ、成程えれえもんだ、これからは金のぺたを
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)