“たね”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タネ
語句割合
36.4%
種子29.8%
15.1%
材料5.3%
5.1%
胚子4.2%
核子1.1%
0.4%
0.4%
胞子0.4%
事実0.2%
多根0.2%
新聞材料0.2%
菌種0.2%
血統0.2%
資本0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ではあかしの手品同樣になりません、おしましたのは御新造樣うぞでもおへなさつてはさりまし。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
怪我をした時に赤土を押し当てて血を止める事。渋柿を吊して露柿を造る事。胡栗を石で割って喰べる事。種子いて真瓜を造る事。
猿小僧 (新字新仮名) / 夢野久作萠円山人(著)
驚いて仔細をしたが、彼女は何にも答えなかった。赤児は恐らく重蔵のであろうと思われるが、男の生死は一切不明であった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
八五郎の持って来た材料はそれだけ。しかし思いの外役に立ちそうな種だったことは、平次の会心の笑みにも見えるのでした。
良寛さんは、を修めるごとに、むきになつてゐた。真理といふものが、何処かにあるに相違ない、ちやうど、桃の中にはがあるやうに。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
と、牛若という一粒の胚子い合って、その伸びるのを見ているのが、一同のたのしみでもあり、盟約の中心にもなっていた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さんざん食い散らした水蜜桃の核子やら皮やらを、ひとまとめに新聞にくるんで、窓の外へなげ出した。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ろかも。 (歌謠番號六七)
法話の第二部は、昔の飯山の城主、松平遠江守の事蹟をに取つた。そも/\飯山が仏教の地と成つたは、斯の先祖の時代からである。火のやうなの宗教心は未だ年若な頃からして燃えた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
すぎなの胞子をあつめてゐる
春と修羅 第三集 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
其処へ往って敵をお討ちなさい、安田一角が他の者へ話しているのをで聴いて居たから事実を知ってるのでございます、お賤、と己が兄弟ということを知らないで畜生同様夫婦に成って
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
腰元の多根にすぐさま追いかけさせましたところ、もうどこへいったか見えなくなっていたそうなのでおじゃります。
この新聞材料にぶつかった最初から受け続けている、何とも云えないイヤナ感じを、ここでもっと突込んでみようか……それともこの辺で思い切ってしまって、もっと明るいキビキビした
空を飛ぶパラソル (新字新仮名) / 夢野久作(著)
菌種は君の方から廻してやるさ。
椎茸と雄弁 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
「どうして? このままでもよく分りますよ、なかなかいい血統ですねえ!」と、チチコフが答えた。
ひしが一座の中に目玉の八と云ふ惡者は今宵大いに仕合せく一文なしに詮方しかば貸元の多兵衞に向ひコレ親分資本て呉れ餘り敗軍せしと云へば多兵衞はが二貫や三貫の端錢
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
昔イスラエル国では正月の十四日から七日のあひだいれぬパンのといふのを守つて、神とモーセに依つてエジプトから救ひ出された時の記念にしたといふことであるが
ともしい日の記念 (新字旧仮名) / 片山広子(著)