空を飛ぶパラソルくうをとぶパラソル
水蒸気を一パイに含んだ梅雨晴れの空から、白い眩しい太陽が、パッと照り落ちて来る朝であった。 ちょうど農繁期で、地方新聞の読者がズンズン減って行くばかりでなく、新聞記事の夏枯れ季節に入りかけた時分なので、私のいる福岡時報は勿論のこと、その他の …
作品に特徴的な語句
季節どき 幻影イリュージョン 連中みんな 飛沫したたり 沢山うん 商標マーク 敏捷はしっこ 孩児ややこ 警察こっち 暴風はやて 濁水にごりみず ぬか 洋傘パラソル 孩児やや おく 御社おんしゃ 脅喝いたぶ 三個みっつ 白昼ひるま 取付とっつ くう 洪水おおみず きわ しな 上手うわて にわとり けむ おび まぶ 何故なにゆえ 髪毛かみ 馬出まいだし 面憎つらに とげ つら 霖雨ながあめ 神野かんの 単身ひとり 秘密ないしょ 附着くっつ ひら めし 同業なかま ほとば くら あらた しゃが 媒妁ばいしゃく より ずつ 尖端さき 本社ここ 記事だね 曝露ばれ うご 彼奴きゃつ のち にく 蓬々ほうほう まず 職業しょうばい 畦道あぜみち 流石さすが あと 白眼にら 白髪しらが しわ くら まぶた 矢絣やがすり かみ 穿 ひそ すく くだ かゆ 緋鯉ひごい すが 縞柄しまがら つくろ 署員ぶか かか 群青ぐんじょう 羽型はがた 耄碌もうろく 背後うしろ 雪洞ぼんぼり 障子しょうじ すこぶ 風付ふうつ