“胞子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たね66.7%
ほうし33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“胞子”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
彼奴等は「先手」を打って、私たちの仕事を滅茶/\にし得たと信じているだろう、だが実は外ならぬ自分の手で、私たちの組織の胞子たねを吹き拡げたことをご存知ないのだ!
党生活者 (新字新仮名) epub / 小林多喜二(著)
すぎなの胞子たねをあつめてゐる
春と修羅 第三集 (新字旧仮名) epub / 宮沢賢治(著)
あまがわの西の岸にすぎなの胞子ほうしほどの小さな二つの星が見えます。あれはチュンセ童子とポウセ童子という双子のお星さまの住んでいる小さな水精すいしょうのお宮です。
双子の星 (新字新仮名) epub / 宮沢賢治(著)