“水精”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ニンフ25.0%
スヰシヤウ15.0%
すいしょう15.0%
すゐしやう15.0%
ウンディヌス5.0%
ウンディネ5.0%
みづはめ5.0%
ジルフェ5.0%
ナイアス5.0%
ルサルカ5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さあ、これから出かけよう。お次は、三人の白髪の婆さん捜しだ。その婆さん達が、水精居処をわれわれに教えてくれるんだからね。
其後十二年、南家の娘は、二十になつてゐた。幼いからのさにかはりはなくて、玉・水精の美しさが益々加つて來たとの噂が、年一年と高まつて來る。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
と尋ねて、示す方角へ、きした顔を向けた。其目からは、珠数の水精のような涙が、こぼれ出ていた。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
針の落つる音も聞くべきまで物静かなる夜の御堂の真中に在りて、水精の珠数を擦る音のかなる響きいと冴えて神〻し。
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
そして今までは、水精と扉を開いた水、風神と倍音演奏——と云っただけの、云わば要素的な符合しか判ってはいなかったのだ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
最初の幕に水精、二幕目が風精でした。いまもあの可憐な空気の精が、驚くべき奇蹟を演じてれ去ってしまったところなんですよ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
あの水煙——それを神秘的に云えば、水精火精に代り、しかも射損じたのだ——と
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
かの水精の水したたる白い御手に滋味を吸うの鳥、水に浮くこの聖鳥の如くに、わたくしも暗い時のには、斯人の手にうち伏し、うちり、わが心の糧——深き夢をば求めました。
だが、カテリーナの眼には何も映らなかつたし、正気でない彼女には水精など怖くはなかつた。彼女は夜更まで、刀を握つたまま、父を捜して駈けまはつた。