“煉羊羹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねりようかん60.0%
ねりやうかん40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
恐らくは音もにおいも、触覚さえもが私の身体からだから蒸発してしまって、煉羊羹ねりようかんこまやかによどんだ色彩ばかりが、私のまわりを包んでいた。
火星の運河 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
この子のだろう、細長い経木の函の中に四半分ほど葡萄ぶどう色した煉羊羹ねりようかんが残っていた。
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
岩居がんきよがてんぷらをふるまひたる夜その友蓉岳ようがく来り、(桜屋といふ菓子や)余が酒をこのまざるを聞て家製かせいなりとて煉羊羹ねりやうかんめぐみぬ、あぢはひ江戸に同じ。
岩居がんきよがてんぷらをふるまひたる夜その友蓉岳ようがく来り、(桜屋といふ菓子や)余が酒をこのまざるを聞て家製かせいなりとて煉羊羹ねりやうかんめぐみぬ、あぢはひ江戸に同じ。