“ハート”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
心臓40.0%
15.0%
15.0%
心臟10.0%
心情5.0%
心胸5.0%
5.0%
真心5.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「今、お宅へ伺つたら、こちらだといふ事でしたから。……一寸ちよつと畑の方をのぞいて来たんですが、まあ、何と言つたらいゝんでせうかね。僕等のやうな弱い心臓ハートを持つた者には、とてもあゝした痛々しい光景を立止つて見てゐるに堪へませんな。」こんなことを言ひながら
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
都市の心臓ハートか、熔鉱炉
大阪を歩く (新字新仮名) / 直木三十五(著)
奥さんは私の頭脳に訴える代りに、私の心臓ハートを動かし始めた。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
然し彼のハートは、慥かにそうだと感ずる勇気がなかった。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
性慾の自覚と、ハートでつき当らないための結婚難
心臟ハート女王樣ぢよわうさま栗饅頭くりまんぢうつくつた、
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
インテリの通有性は、自分の心情ハートしてる仕事に対して、自分の頭脳ヘッドが懐疑を持つことだと言われている。
詩の原理 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
宇宙秩序に目的、意義を認むるは知性の仕事でなくして情性(Gemüt)の仕事である、頭腦ヘッドの仕事でなくして心胸ハートの仕事である、從つて學理上の要求でなくして倫理上若くば宗教上の要求である。
学究漫録 (旧字旧仮名) / 朝永三十郎(著)
詩人若し談理の弊に陥れば、其詩は即ち索然として活気を失はざるを得ず、何となれば是れ既にハートの声に非ずしてマインドの声なれば也。
詩人論 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
真心ハートの何物をも持たない』と言つてフロオベルは慨嘆した。
J. K. Huys Mans の小説 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)