“半座”の読み方と例文
読み方割合
はんざ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
船室にりて憂目いし盲翁の、この極楽浄土仏性の恩人と半座を分つ歓喜のほどは、くもその面貌と挙動とにれたり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と勇をす。不図半座を分けた風呂敷包が目をいた。チョコレートだ。アメリカでは娘をチョコレートで釣る。
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「そもそも半座を分けるなどとは、こういう敵手い文句じゃないのだ。」
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)