“一婦”の読み方と例文
読み方割合
いつぷ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のつれ/″\に、へてのたまはく、一婦ありてめり。弱竹くにして、れしし。
妙齢 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
然るに、この貫一はどうか! 一端男と生れながら、高が一婦の愛を失つたが為に、志をいて一生を誤り、餓鬼の如き振舞を為て恥とも思はず、非道を働いて暴利をるの外は何も知らん。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
牛屋手間取牛切りのいもの、一婦る、とふのがはじまり。女房にありついたはつけものであるが、奇醜)とある。
鑑定 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)