“某:かれ” の例文
“某:かれ”を含む作品の著者(上位)作品数
夢野久作1
第二番に何屋のかれ綺羅きらを尽くした伊達だて姿が、眼の前を次から次に横切っても、人々は唯、無言のまま押合うばかり。
名娼満月 (新字新仮名) / 夢野久作(著)