“ほうかん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
幇間91.6%
豊鑑1.9%
宝冠1.9%
包咸0.9%
包巻0.9%
包涵0.9%
放還0.9%
砲艦0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
船の中の座配りはに私が坐つて、右に娘、その次が喜三郎、次に幇間の善吉で、その次が勘太、左は出石さんに女共が續きました。
豊鑑」の著者が、その点、一言でこの問題を尽しているのは、世の虚相に迷わされない評といえる。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あなたが二十年まえに、フランスの美術商からお買いになった、ヨーロッパのある国の王妃宝冠です。
怪人と少年探偵 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
そこにあげられた「魯論語」、「斉論語」、「古文論語」、およびそれに連関した張禹包咸孔安国馬融鄭玄王粛などの学者は、周到な考察を受けている。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
かくして、身体を七十日間曹達水したる後、之を取出し、護謨にて接合せる麻布をて綿密に包巻するなり
(新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
き家」という言葉は道教の万物包涵の説を伝えるほかに、装飾精神の変化を絶えず必要とする考えを含んでいる。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
伊賀上野は旧藤堂侯の領分だが藩政の頃犯状かならず、去迚放還も為し難き、俗に行悩みの咎人ある時は、本城伊勢安濃津差送ると
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
二十九隻の巡洋艦、二十五隻の砲艦が、だんだんだんだん飛びあがりました。おしまいの二隻は、いっしょに出発しました。ここらがどうも烏の軍隊の不規律なところです。
烏の北斗七星 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)