父の帰宅ちちのきたく
「あれ誰だか、兄さんは知つとるの!」 「知らん!」 「ちよつとそこ覗いて来ると分るわ。」 小学校から帰つて来た兄と妹である。部屋一つ隔てた奥の座敷を、兄の孝一は気味わるさうにそつと覗きに行つた。 「分つた?」 賢こい眼を輝かせて、みよ子は微 …
作品に特徴的な語句
いきどう いぢ 微笑ほゝゑみ 健康ぢやうぶ しほ 突張つゝぱ 此方こつち いで かゝは 幼心おさなこごろ そびや 脆弱ひよわ 私語さゝや かぢ とう 帰宅かへ 憧憬あこがれ 悪戯わるさ 昨日きのふ 提灯ちやうちん 明日あした たゝず 暁方あけかた つゝ 為様しやう たま くらゐ ひたひ 呆気あつけ 咄嗟とつさ 外方そつぽ ひそか をさな 引張ひつぱ 引浚ひきさら をど やつ 枇杷びわ 祖母ばあ はず 紙片かみきれ 裸体はだか えら とて 這入はい とざ 附穂つきほ 頭脳あたま せがれ ひる なご むせ 大分だいぶ なだ うち 後悔こうかい 後暗うしろぐら とぼ まど ひとみ かたき あらた 果敢はか 涙含なみだぐ 灯影ほかげ しか 瑪瑙めのう かん 白毛しらが 白髪しらが みんな