“吉助”の読み方と例文
読み方割合
きちすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わしはあの吉助が心からきらいなのだ。腹の悪いくせにお追従を使って。この春だってそ知らぬ顔での田地の境界をめていたのだ。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
奉行の前に引き出された吉助は、素直に切支丹宗門を奉ずるものだと白状した。それから彼と奉行との間には、こう云う問答が交換された。
じゅりあの・吉助 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
杉山は河内国衣摺村の庄屋で、何か仔細があつて所払になつたものださうである。手近な用をすのは、格之助の若党大和国曾我村生の曾我岩蔵中間木八吉助である。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)