“切支丹宗門”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きりしたんしゅうもん66.7%
キリシタンしうもん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奉行の前に引き出された吉助は、素直に切支丹宗門を奉ずるものだと白状した。それから彼と奉行との間には、こう云う問答が交換された。
じゅりあの・吉助 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
麻利耶観音と称するのは、切支丹宗門禁制時代の天主教徒が、聖母麻利耶の代りに礼拝した、多くは白磁の観音像である。
黒衣聖母 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
轆轤首さ、引窓からねてる、見越入道がくわつとく、姉様莞爾ふだ、——切支丹宗門で、魔法使ふとふて、おされたともへば、行方知れずにつたともふ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)