“幅狭”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はばぜま80.0%
はばせま20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“幅狭”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
串戯じょうだんにしてもと、私は吃驚びっくりして、ことばも出ぬのに、女はすぐに幅狭はばぜまな帯を解いた。
二、三羽――十二、三羽 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「あれ、」という声、旅籠町の角から、白い脚絆きゃはん、素足に草鞋穿わらじばきすそ端折はしょった、中形の浴衣に繻子しゅすの帯の幅狭はばぜまなのを
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
白粉垢おしろいあかに冷たそうなのをかさねて、寝衣ねまきのままの姿であります、幅狭はばせまの巻附帯、髪は櫛巻くしまきにしておりますが、さまで結ばれても見えませぬのは
湯女の魂 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)