“豹変”の読み方と例文
読み方割合
ひょうへん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「しかし、朝倉先生の豹変ぶりは、とにかくおかしいよ。あれじゃあ、先生がいつも言っていた信念なんて、あやしいものだね。」
次郎物語:04 第四部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
「そんなになら強いてとまでは云いませんが、そう二三時間のうちに、特別の理由もないのに豹変しちゃ、将来君の信用にかかわる」
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
私は道雄の豹変を責めるよりも、丈五郎の暴虐を恨むよりも、形容の出来ない悲愁に打たれて、胸の中が空虚になった感じだった。
孤島の鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)