“言者身之文也”の読み方と例文
読み方割合
げんはみのぶんなり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古人く「言者身之文也」と。日本のにも「言葉は立居をあらわす」というが、これはただや育ちを現すとの意でない、心持ちを知らすの意である。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)