“粗暴漢”の読み方と例文
読み方割合
そぼうかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
嘘さえ言えぬ未完成な生命なのだ。教養の不足してる小さな粗暴漢だ。そして恥や遠慮を知る大人を無視した横暴な存在主張者だ。
かの女の朝 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)