“ぐあい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
工合87.4%
具合12.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょいと皆様に申上げまするが、ここでどうぞ貴方がたがあッと仰有った時の、手附、顔色に体の工合をお考えなすって下さいまし。
湯女の魂 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私はその羽織の色に親しみがあるように感じたので、顔をあげて見ると、その横顔から髪の工合が、広小路で見た女そっくりであった。
妖影 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
磁石かし具合で、人形どうしは、たちまちチャンバラをはじめるのです。小山は、先生のおなど、れようともしないのです。
白い雲 (新字新仮名) / 小川未明(著)
こんな具合に、やさしく言って貰いたかった。大空襲の東京からの野菜の買い出し部隊の殺到で、千葉県と埼玉県では、その取り締まりに手を焼いた。
食べもの (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)