妖影ようえい
私はこの四五年、欲しい欲しいと思っていた「子不語」を手に入れた。それは怪奇なことばかり蒐集した随筆であって、序文によるとその著者が、そうした書名をつけたところで、他に同名があったので、それで改めたものらしい。表紙には「新斎諧」としてある。そ …
作品に特徴的な語句
さき 何人どなた つり ひき かが どま じぶん ひそか いさま むすめ 嬰児あかんぼ 小女こむすめ ろじ ごろ 知己しりあい 結句あげく けん つむり きい 黄昏ゆうぐれ 何人だれ とま 切通きりどおし さき 前夜ゆうべ めし おおい ぎれい きま 平生いつも たな たび かすか 数多たくさん ななめ おそ 片頬かたほお ばか 街路とおり しゃが はしゃ すか 三処みところ 不忍しのばず 人道じんどう 住居すまい 何時いつ 凄愴せいそう 動坂どうざか 厩橋うまやばし いや 叔父おじ 唐本とうほん あざけ 土橋どばし わか おご 妻室かない ねえ へや 対手あいて すくな 工合ぐあい いち 年老としと 幾等いくら いろど 彼女あれ 微暗うすぐら 我儘わがまま ドア てのひら しばら かつ 本所ほんじょ 格子こうし 横断よこぎ 櫓声ろせい くし 沙利じゃり 泥溝どぶ 洋燈ランプ 渡場わたしば あさ
題名が同じ作品
妖影 (新字新仮名)大倉燁子 (著)