“細工人”の読み方と例文
読み方割合
さいくにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
色鍋島の絢爛艶美彫琢と若々しい光彩のった名品が、この老いほうけた久米一の指から生れて、他の若い細工人の手からは作り得なかった。
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
天皇はそのために、宮中の玉飾りの細工人たちまでおみになって、それらの人々が知行にいただいていた土地を、いきなり残らず取りあげておしまいになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
まりて何某より、鳥籠七尺二尺六尺りて、溜塗になし、金具ゑ、立派仕上ぐるやう作事奉行申渡せば、奉行其旨りて、早速城下より細工人上手なるを召出だし
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)