“七尺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しちしやく50.0%
しちしゃく25.0%
ななさか25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まりて何某より、鳥籠七尺二尺六尺りて、溜塗になし、金具ゑ、立派仕上ぐるやう作事奉行申渡せば、奉行其旨りて、早速城下より細工人上手なるを召出だし
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
七尺去って師の影を踏まずなどと支那でもいう。
影を踏まれた女 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
天八達之衢に居り、その鼻長さ七咫脊の長さ七尺云々、また口尻明り耀れり、眼は八咫鏡の如くして、赩然赤酸醤れり、すなわちの神を遣して往きて問わしむ、時に八十万の神あり