“作事奉行”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さくじぶぎょう83.3%
さくじぶぎやう16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“作事奉行”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
小さな修営は、享保きょうほう十五年、この時の御修復検分としましては、お作事奉行さくじぶぎょう小菅因幡守こすげいなばのかみ、お大工頭だいくがしら近藤郷左衛門こんどうきょうざえもん
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
と、一里もつづく長い行列が、いま浮世絵のように通っているのは、江戸は麻布の上屋敷を発して来たお作事奉行さくじぶぎょう、柳生対馬守様、つづく一行は同じくお畳奉行、別所信濃守様のお供ぞろい。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
はゞ六尺ろくしやくつくりて、溜塗ためぬりになし、金具かなぐゑ、立派りつぱ仕上しあぐるやう作事奉行さくじぶぎやう申渡まをしわたせば
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)