“細工事”の読み方と例文
読み方割合
さいくごと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
借金の言ひわけと細工事が大嫌ひで、棚が落ちても釣らうとせず、半日肩で押へてゐて、八五郎が來るのを待ち兼ねない平次です。
少年の時から読書のは俗な事ばかりして俗な事ばかり考えて居て、年をても兎角手先きの細工事が面白くて、もすればだのだの買集めて、何か作って見よう
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
徳川時代、諸大名の御前で細工事ご覧に入れた際、一度でも何のがあやまちをしてご不興をったなどということは聞いたことが無い。君はどう思う。わかりますか。
鵞鳥 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)