“細工場”の読み方と例文
読み方割合
さいくば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いつも日あたりのいい縁側だとか、そこから廊下つづきになった硝子張りの細工場だとかが、——一つ一つ別々に浮んでくるきりである。
幼年時代 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
はいるとすぐ、奥の細工場から台所までっているような土間だった。右側は一だん高いになっていて六畳ばかり敷いてある。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこのそうしたさまになったと一しょに、伝法院の横の、木影を帯び、時雨をふくんだその「細工場」は「ハッピー堂」と称する絵葉書屋になった。
雷門以北 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)