“大工事”の読み方と例文
読み方割合
だいこうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とうていかような爲事出來ますまいから、この大工事遺物たゞけでも、當時社會状態することが出來ます。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
それを幻花子がチラとんで、大井村中らずして、野中氏寶庫突留めるともなく、貝塚の一いて其所養鷄場設立する大工事り、此期利用して土方買收
海溝大工事
海底都市 (新字新仮名) / 海野十三(著)