“參考”の読み方と例文
新字:参考
読み方(ふりがな)割合
さんこう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“參考”を含む作品のジャンル比率
総記 > 団体 > 博物館100.0%
産業 > 林業 > 林業(児童)100.0%
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いまなほ神社じんじや民家みんかのこつてゐるふるつくかた參考さんこうにするほかはありません。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
その土地とちにゐついてゐるのですから、なによりもその地方ちほう過去かこおもおこさせ、地方歴史上ちほうれきしじよう參考さんこうともなり
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)