“附届”のいろいろな読み方と例文
旧字:附屆
読み方(ふりがな)割合
つけとどけ42.9%
つけとゞけ42.9%
つけとど14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“附届”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸4.8%
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それは大石が外の客の倍も附届つけとどけをするからである。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
私の家では月々その家に附届つけとどけをしていた。
桜林 (新字新仮名) / 小山清(著)
ながあひだ塩原しほばら附届つけとゞけをしてゐる人は梅廼屋うめのやほかありませぬ
塩原多助旅日記 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
僧「気の毒な事じゃが、仕方がない、そこでわしがいた蓮光寺へ葬りました、他に誰も寺参りをするものがないから、主人が七日までは墓参りに来たが、七日後は打棄うっちゃりぱなしで、花一本げず、寺へ附届つけとゞけもせんという随分不人情な人でな」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
阿Qは趙太太に見せる約束をしたと言ったが、村役人はそれを返しもせずになお毎月まいげつ何ほどかの附届つけとどけをしろと言った。
阿Q正伝 (新字新仮名) / 魯迅(著)