“嘯山”の読み方と例文
読み方割合
しょうざん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
更に後世になっても「あやしさの私雨や初紅葉」という嘯山の句、「箱根山関もる人も朝ぎりのわたくし雨にあざむかれつゝ」という景樹の歌など、これを踏襲したものがある。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
飛びかふて初手の蝶々れけり 嘯山
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
宝引や和君裸にして見せん 嘯山
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)