“しょうざん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
嘯山33.3%
象山22.2%
商山11.1%
昌山11.1%
蒋山11.1%
衝山11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
更に後世になっても「あやしさの私雨や初紅葉」という嘯山しょうざんの句、「箱根山関もる人も朝ぎりのわたくし雨にあざむかれつゝ」という景樹かげきの歌など、これを踏襲したものがある。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
飛びかふて初手しょての蝶々まぎれけり 嘯山しょうざん
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
修理は、号を象山しょうざんといい、学者で、砲術家で、経世家だと聞えている。
(新字新仮名) / 吉川英治(著)
「もう貸し与えたものはしかたがない。だが、あれは大事な書物だ。教来石流の煙火の秘本だからの。小布施おぶせの高井鴻山こうざんだの、松代の佐久間象山しょうざんだの、幾たびもせがんで来たが一度も見せやせん。——それとなく、早く取り戻せよ、よいか」
銀河まつり (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼は商山しょうざんにかくれていた四皓しこうにしたがい、道を学んで世を終ったので、その家では衣冠と黄石とを併せて葬った。
「いかに、落魄らくはくしても、足利家数世にわたる重職を、うじも姓もない下賤の成り上がり者に、売るわけには参らぬからの。……この昌山しょうざんも、御当家の食客はいたしておるが、まだ先祖の栄誉を売り食いするほどには落ちぶれ果てもせんよ」
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
唐土の昔、咸寧かんねいの吏、韓伯かんはくが子なにがしと、王蘊おううんが子某と、劉耽りゅうたんが子某と、いずれ華冑かちゅうの公子等、相携えてきて、土地の神、蒋山しょうざんびょうに遊ぶ。
一景話題 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
金はいりません、今日のお礼に教えてあげましょう、華山の蓮花峰れんげほうの下に、劉綱りゅうこうという仙人がおります、そこへ往って頼みなさい、それに華山の神が、南岳の衝山しょうざんの神と博奕ばくちをやって負け、その金を催促せられておりますから
賭博の負債 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)