“華冑”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かちゅう75.0%
くわちう25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“華冑”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかしわたくしは維新後における華冑かちゅう家世かせいの事にくわしくないから、もし誤謬ごびゅうがあったら正してもらいたい。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
それなればこそ、華冑かちゅうの公子、三男ではあるが、伯爵の萩原が、ただ、一人の美しさのために、一代鐘を守るではないか——既に、この人を手籠てごめにして、牛の背に縄目の恥辱ちじょくを与えた諸君に
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
劉耽りうたんなにがしと、いづれ華冑くわちう公子等こうしら一日あるひ相携あひたづさへてきて
甲冑堂 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)