“西天”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さいてん66.7%
にしのそら33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“西天”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
西天さいてん涅槃ねはんの教——
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
いと赤き西天さいてんながめ、
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「又あるときは。父母ちゝはゝのおん為に。経の偈文げもん謄写かきうつして。前なる山川におし流し。春は花を手折たをりて。仏に手向たむけ奉り。秋は入る月にうそぶきて。そゞろ西天にしのそらこふめり。」といふに至りては、伏姫の心中既に大方の悲苦を擺脱はいだつして、澄清洗ふが如くになりたらむ。