“うそぶ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウソブ
語句割合
92.8%
空嘯7.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
廃娼派が、廃娼は天下の世論だと云えば、多数派の存娼派は、衆議院の過半数の提案の方が天下の世論ではないかとくのである。
「ははあ、いよいよ信濃路かな。一茶の句にく、信濃路や山が荷になる暑さかな……ところが今はもう暑くねえ」ときました。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
畢竟、親の子のというは人間の私、ひろき天地より観るときは、おなじ世界に湧いた虫」と大判司は相手に負けないような眼をみはって空嘯く。
島原の夢 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
これは満腔の敵意を、反っくり返った鼻と、山のごとくえた肩に見せて、万七の空嘯く前を通ります。