“炫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まばゆ25.0%
かがや25.0%
ひけら25.0%
まぶし25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飼鶏は心あるごとく洋燈をとみこう見た。をも砕くべきその蹴爪は、いたいたしげもなくお夏の襟にかかっている。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
呻き声は絶え入りそうにもつれて上る。井戸の壁と起した石とに炤々乎として燠火いていた。
それぞ箕輪の骨牌会に三百円の金剛石かせし男にあらずやと、貫一は嘲笑へり。されど又余りにその人の意外なるにきて、やがて又彼は自ら笑ひぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「堪忍しねえ、いやな。」
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)