“盎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さら50.0%
おう25.0%
かめ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
売茶翁に問ば、これは山蔭の谷にあるなり、めしたまはゞすゝめんといふ。さらばとてひければ菜刀のなかへさら/\としてりいれ、豆のをかけていだせり。
翌朝馳走を備えた所へ果して八道人来り、飲食しおわるを俟ってまず上座の頭を打ち隅へ駆り入れると、たちまち変じて金銭一と成った。跡の奴原も次第に駆り入れて金銭八盎が出来た。
「その晩、夢のように、ある人が私をつかまえての中へ入れたと思いましたが、めてみると血が衾に赤黒くついていたのです。それっきり怪しいことはなくなったのです。」
五通 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)