“窓飾”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まどかざ50.0%
カーテン50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“窓飾”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
毎夜まいよショーウインドーに燈火あかりをつけますが、燈火あかりしたへコップにみずれておくと、風船虫ふうせんむしんできてはいりましてね、紙片かみきれげたり、げたりして、ひとりでに窓飾まどかざりになりますよ。
風船虫 (新字新仮名) / 小川未明(著)
かつて何かの挿画で見た路易ルイ王朝式というのであったろう……緋色ひいろ羅紗らしゃに黄金色の房を並べた窓飾カーテン卓子被テーブルクロス白塗しろぬりに金銀宝石をちりばめた豪華な椅子や卓子テーブルがモリモリ並んでいる。
冥土行進曲 (新字新仮名) / 夢野久作(著)