“噴破”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふきやぶ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“噴破”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
地の下から噴き出す何かの可燃性瓦斯ガスが、火の海の中央を噴破ふきやぶって、プクリプクリと眩しい泡を立てている、その一点を凝視したまま動かない。
オンチ (新字新仮名) / 夢野久作(著)