はし
人と別れた瞳のように、水を含んだ灰色の空を、大きく環を描きながら、伝書鳩の群が新聞社の上空を散歩していた。煙が低く空を這って、生活の流れの上に溶けていた。 黄昏が街の灯火に光りを添えながら、露路の末まで浸みて行った。 雪解けの日の夕暮。—— …
作品に特徴的な語句
蹌踉ある 太陽サン かぐ 電鈴りん 継母かあ こお ほど 凝視みつめ 刷毛ブラシ 和声ハアモニイ はず いだ 接吻キッス ゆわ つの くびす 蹌踉よろ ベル おとしい 可憐いじら つる 夜更よふけ ひと さち 憎悪にくしみ 梯子ばしご 法衣ほうえ 焦慮しょうりょ 甲斐がい 眼差まなざ むつま みひら 継母はは あし つら しか 一閃いっせん 仲人なこうど 侮蔑ぶべつ かし ひが 刺戟しげき 前屈まえかが 卓子テーブル 口吟くちずさ 叮嚀ていねい とが 咽喉のど 喇叭らっぱ しゃべ 嗚咽おえつ わら くちばし つぐ 対手あいて 小筥こばこ 巍然ぎぜん 巴里パリ ちまた 微笑ほほえ 微風そよかぜ 悲歌エレジイ 悶々もんもん 愚弄ぐろう 憂鬱ゆううつ ものう 抽斗ひきだし こしら さず おお 故国くに ほが 椿つばき 欄干らんかん ゆが 永劫えいごう 洋傘こうもり しと 淫蕩いんとう 溌溂はつらつ 燐寸マッチ