“一閃”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いっせん89.5%
いつせん7.9%
ひとひら2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と両手に襟を押開けて、仰様咽喉仏を示したるを、謙三郎はまたたきもせで、ややしばらくめたるが、銃剣一閃し、を切って
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一閃の光ありて焼跡を貫く道のを照しけるが、その此方に向ひてくは、巡査の見尤めて寄来るなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
と再び飛びかかって行こうとすると、横からすッと寄った女の影が、逆手に持った短刀を、音もさせずに一閃めき
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)