“仄筆”の読み方と例文
読み方割合
そくひつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
沙翁はクラレンス公爵の塔中で殺さるる場を写すには正筆を用い、王子を絞殺する模様をあらわすには仄筆を使って、刺客の語をり裏面からその様子を描出している。
倫敦塔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
男女の痴情写尽せんとせば、どうしても房中の事に及ばざるを得ず。されどこは役人の禁ずる所なり。故に小説家は最も迂遠な仄筆を使つて、やつと十の八九をく事となる。
雑筆 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
刑場に於ける彼女の気高い態度、そして従容たる死に就いては、スタエル夫人も麗筆を振ひ、また手近かな所では漱石の所謂仄筆」も振はれてゐる。だが事実は詩人の空想よりもつと残酷であつた。
ジェイン・グレイ遺文 (新字旧仮名) / 神西清(著)