倫敦塔ロンドンとう
二年の留学中ただ一度倫敦塔を見物した事がある。その後再び行こうと思った日もあるがやめにした。人から誘われた事もあるが断った。一度で得た記憶を二返目に打壊わすのは惜しい、三たび目に拭い去るのはもっとも残念だ。「塔」の見物は一度に限ると思う。 …
作品に特徴的な語句
母様ははさま まわ ひろ また せい しょう いきどおり 義父ぎふ くれな かたわ ささ とこし うし はじ まこ くさ おの おれ しも 薔薇しょうび かく した かたわ しっ ちいさ いたる 打壊ぶちこ むな ざま しゅ 現世げんせ たた なめらか こうべ ひだ じゅ 一度ひとた くう 一言いちげん もく 牢守ろうも あが あた セント うれい そう 翌日あす えん とお 何人なんびと ゆる つら 過半かはん おっと とか ことわ うしな 白髯しろひげ 朝夕あさゆう 石造せきぞう あて 刺客せっかく むこう いにし かたま 一件いっけん 空濠からほり 壁上へきじょう あな おおい 窖中こうちゅう 木枯こがら あした ゆる あや あが たすけ うらみ 罪人ざいにん しん のち かなし