“よみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヨミ
語句割合
30.2%
黄泉19.1%
11.1%
冥府9.3%
6.2%
陰府4.9%
冥途3.7%
夜見3.1%
2.5%
地獄2.5%
1.9%
1.9%
1.2%
予美0.6%
冥路0.6%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ウム、御仏も、おれたちの奉仕をしてくださるだろう。——同時に、おれたちの生活も、今は、感謝と輝きに充ちきったものだ」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
静かに線路に下り立った彼は、身をめてレールに耳を当てた。遠い黄泉の国からかでもあるように、不思議な濁音が響いて来る。
自殺を買う話 (新字新仮名) / 橋本五郎(著)
(二百四五十帋の自筆なり)梱外さゞりしを、狂哥堂真顔翁珎書なれば懇望してかの家より借りたる時亡兄とともにしことありき。
したぞといったことは、むしろ父がまだ生きている実証のようにさえ思えて、冥府のような冷たい闇へ飛びこむと一緒に
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
並背にていが栗の頭髮も思ひなしか俗とは變りて、藤本信如にてすませど、何處やらといひたげの素振なり。
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
西北の強風は三日の間小休もなく吹き、昼さえ陽の目を見せぬ陰府のような陰闇たる海をわしたすえ、四日午後になって、やっとのことで勢をおさめた。
藤九郎の島 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
まえには、佐久間大学、飯尾近江。今はまた、佐々、岩室、千秋なんど、信長の先駆けして、冥途の前触れに立ったるぞ。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
故大町桂月君が「大天橋」と呼んだといふ夜見ヶ濱から遠く伯耆の大山へかけての眺望であつたらうが、私はむしろその傾斜から見おろした美保の關の港の眺めを取る。
山陰土産 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
其處昨日チエホフの『ブラツクモンク』をさしてはずボズさんのし、以前二人溪流奧深つて「やまめ」をつたなど
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
奈何せん寒微より起りて、古人の博智無く、善をし悪をむこと及ばざること多し。今年七十有一、筋力衰微し、朝夕危懼す、るに終らざることを恐るのみ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
... へてつもりし五月雨山の森のか」▲柿崎(頸城郡にある駅也) 親鸞聖人玉ひしとて口碑へし哥に「柿崎にしぶ/\宿をもとめしにの心じゆくしなりけり」ずるに
「無のか、有の中か、玻璃の中か」とウィリアムががえれる人の様に答える。彼の眼はまだ盾を離れぬ。
幻影の盾 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
かならずかの予美の国にくことなれば、世の中に死ぬるほどかなしきことはなきものなり。
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
いくたびも惑ひを悔いてわび申すわが罪ゆるせ冥路の父母
礼厳法師歌集 (新字旧仮名) / 与謝野礼厳(著)
の糸四十一升といふ。上々のちゞみは経糸二十より二十三にもる。但しには二すぢづゝすゆゑ、一升の糸は八十也。布幅四方に緯糸もこれにふてざれば地をなさず。
彼の耳にかれた夫人の言葉が、甘いのような言葉が、一つ/\記憶のがえって来た。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)